こうした場合はポジションを諦め

-

-

パソコンの。仕事 辞めたい アフィリエイト

前に座り休むことなく上がったり下がったりしている為替相場を眺めていると、何やら注文をしなければならないという感情が沸き起こる場合も多いと思います。

だけど、不確かな思いで注文することは断じてしてはいけません。

ご覧の通り、外国為替相場は四六時中、休みなくいずれかで外国為替市場は関いているし、レートも休みなく、変動している。

しかしながら、何回も売買をしているとその回数だけ損失を被る危険が高くなります。

無論、売り買いの数を積み重ねる事でトータルで稼げる確率か50%、50%に近づくのは事実です。

でもこの事実は「はっきりしないインスピレーションでエントリー」とは別の話だ。

トレード回数を積み重ねるというのは自ずから「ここだ!」と思いついた勝算を得られたところでの売買回数を増やすという事を言っています。

理由がなく、絶え間なく売り買いを積むのとはかなり異なります。

市場の戦いに敗北しないためには、自分が意識して緩急をつけることが不可欠です。

「ここは!」とよく考えた外国為替相場の時には、ポジションを増やして、徹底的に利益を追求する。

「だいぶ分からないマーケットで、どう変化するのか読めないな」と思い至った時は、潔く諦めて所持ポジションを閉じて黙っています。

そのくらいのけじめをつけた方が、エントリーは勝利します。

外国為替市場の名言には「休むも相場」というものがある。

本当に言葉どおりです。

為替取引とはいつも売買ポジションを所有する事がすべてではなくどの売買ポジションも持たずに静観していることもFXです。

じゃあ、どの場面で休むといいのでしょうか。

ひとつは、先述の通り、直近のマーケットが良く見えない時です。

今後どうなるのか見通せない時は考え無しで行動すると、自分の思ったストーリーとは逆の方向に為替相場が変化してしまい、損してしまいます。

だから、こうした場合はポジションを諦め、そのまま何もしないで静観を決め込むのがいいでしょう。

もうひとつは、自身のコンディションが思わしくない時です。

体の具合と外国為替相場に関係性はないと考える投資家もいると思いますが思ったより影響します。

健康状態が変な時は外国為替市場の肝心な状況で落ち着いた判断が出来ない場合が多くなります。

関心がわかない時は市場から離れてみるのも大切な事です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.voice-lesson.info All Rights Reserved.