中でもアメリカ合衆国の労働者の統計は重要となります

-

-

ここでは為替取引における本質的要素に携わるお話です。

為替というのは「自分で持ち金の送金をなすことなく金銭授受の目的を達成するもの」なのです。

為替相場というものはたいてい国際為替を表す事が普通です。

国際為替というのは貨幣の取り替えをする事です。

外国旅行(イギリス、中国、アメリカ合衆国)をしたことがあれば、当然外国の為替の経験があります。

どこかの銀行で旅行先のお金に換金をしたならばまさに国際の為替という事になります。

為替相場は買いたいと思う人と売る人の値を指したものです。

銀行の取引によって確定されるものです。

その銀行とはマーケットメイカーと言われる世界の複数の銀行です。

為替レートは周りからの余波を受けつつも休まず時間とともに変わって行きます。

為替相場を変動させて行く原因となるのはファンダメンタルズがあります。

ファンダメンタルズの意味とは経済の流れ、経済の基盤とか要因のことを言います。

各国の経済の拡大や景気状態、物価水準、金融政策、外国取引の収支、失業者数、重要人物の発言と言う要素が関係して為替相場は変化し続けます。

ひときわ国際収支と失業者数は重要と考えられます。

国際収支統計とは、日本の中では省庁(外務省)の用命で日銀が通関統計を叩き台として取りまとめた他の国との任意の期間の取引を残したものです。

これは中央官庁や日本銀行のホームページなどで確認できます。

雇用者の統計・失業者の割合も重大となることが多い一因であります。

中でもアメリカ合衆国の労働者の統計は重要となります。

月一で発表され、調査内容が幅広い点がポイントです。

為替の変化は国の経済の状況と言えるでしょう。

その国の経済の推移を見極めることによって為替の変動の先読みが可能になると言うことです。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.voice-lesson.info All Rights Reserved.